AEROSPIKE

< BLOGに戻る

SnowflakeとAerospike Databaseの統合〜リアルタイムな意思決定の実現〜

2023.12.01アーキテクト

はじめに

現代のデータ管理の世界において、Snowflakeは主要なクラウドベースのデータウェアハウジングプラットフォームとしての評判を確立しています。これにより、企業は膨大な量のデータを保存し、処理し、分析することができます。

 

しかし、Snowflakeのパフォーマンスを飛躍的に向上させることができる隠れた逸品があることは、多くの人が気づいていません。それがAerospike Databaseの活用です。

 

Aerospikeをデータインフラに統合することで、組織はレイテンシーを減少させ、リアルタイムの意思決定に必要なデータの可用性を高めることができます。

 

このブログ記事では、AerospikeがSnowflakeの理想的な仲間である理由について掘り下げていきます。これにより、Snowflakeに格納されたデータの大きなポテンシャルが引き出されます。

 

1. Aerospike Databaseはリアルタイムかつミッションクリティカルなアプリケーション向けに設計

Snowflakeはデータウェアハウスであり、その目的は大規模な分析を可能にするためのデータ提供です。これに対し、リアルタイムでの運用データ処理はAerospikeの領域です。

 

Aerospikeは高性能で、グローバルに分散し、マルチモデルのNoSQLデータベースであり、超高速なデータアクセス、低レイテンシー、高可用性を提供するように設計されています。

 

これは、Customer360の推奨事項と個別化、詐欺防止、AI/ML処理とエッジでのフィーチャーストア、リアルタイムなリスク評価、モバイルゲーム、リアルタイムな広告テクノロジー/マーケティングアプリケーション(例:リアルタイム入札および広告サービス)、IoTなど、リアルタイムで使命重大なアプリケーション向けに特別に構築されています。

 

2. Aerospikeは読み込みと書き込みのキャッシュを「スーパーチャージ」

キャッシングはSnowflakeデータウェアハウスへのデータアクセス速度を向上させ、負荷を軽減するための基本的なテクニックです。

 

AerospikeをSnowflakeと組み合わせて展開することで、ビジネスはSnowflakeのデータをさらに活用し、操作的なワークロードを加速させるインテリジェントなキャッシュレイヤーを作成できます。これにより、ペタバイト単位のデータに対するほぼ即座のアクセスが提供されます。

 

ただし、ほとんどのキャッシュソリューションは通常、読み取り専用であるか、非常に読み取り中心です。一方でAerospikeは、サブミリ秒の速さで読み取るだけでなく、非常に高い速度でデータを取り込むことができます。混在したワークロードを処理することで、Aerospike上のキャッシュデータは現代のリアルタイムアプリケーションで操作され、それによりSnowflakeに格納されたデータが活用されます。

 

Aerospikeはまた、データをストリームで送信できる機能を備えており、これによりキャッシュに価値を高めることができます。

 

3. Aerospikeの低レイテンシーと高可用性はゲームチェンジャー

運用アプリケーションにとってレイテンシーは重要な要素ですが、それらはまた高い可用性でなければなりません。この組み合わせはAerospikeが優れている領域です。

 

Aerospikeのデータ中心のアーキテクチャは、非常に低い読み取りおよび書き込みのレイテンシ(通常、サブミリ秒)を確保するだけでなく、非常に堅牢です。

 

Aerospikeの高可用性は、組み込みのレプリケーションおよび分散機能によって提供され、自動フェイルオーバーとデータの冗長性を確保します。

 

ハードウェアの障害やネットワークの中断に直面しても、Aerospikeのアクティブ-アクティブなマルチデータセンター展開オプションにより、キャッシュデータへの中断なしのアクセスが維持されます。

 

4. Aerospikeのインフラ効率はコストを低く抑える

Aerospikeは、独自かつ高度な特許を取得したハイブリッドメモリアーキテクチャを持っており、これはインメモリシステムのパフォーマンスとフラッシュの永続性を兼ね備えています。

 

Aerospikeのストレージエンジンテクノロジーは、フラッシュをメモリのように扱い、OSを介さずに高度に並列化されたアクセスとブロックの読み取りおよび書き込みを可能にします。性能をDRAMに依存する代わりに、AerospikeはFlashに頼ることができ、インフラのフットプリントとコストを80%節約できます。

 

5. Aerospikeはギガバイトからペタバイトまでパフォーマンスの低下なしにスケーリング

データの容量が増加するにつれて、SnowflakeとAerospikeの両方が増大するワークロードを処理する能力が備わっています。Snowflakeのクラウドネイティブなアーキテクチャにより、効果的なスケーリングが可能ですが、Aerospikeはアプリケーションの変更なしでギガバイトからペタバイトまでスケーリングできる能力を提供します。

 

これは、Smart Clientsがデータの各パーティションの場所を把握しているため、各ノードが他のすべてのノードのデータを知っていることに一部起因しています。これにより、クラスター(またはデータセット)のサイズに関係なく、シングルホップでデータにアクセスが可能になります。

 

 

6. Aerospikeは実際のユースケースでSnowflakeとの組み合わせが実証済

多くの企業がAerospikeの力を借りてSnowflakeデータキャッシュを向上させています。eコマース、金融サービス、ゲーム、広告技術などの産業では、アプリケーションのパフォーマンス、ユーザーエンゲージメント、および顧客満足度が著しく向上しています。

 

事例:世界的な大手資産会社がAerospikeを使用してSnowflakeデータを高度な分析にキャッシュ

世界的な大手資産会社は、データウェアハウスのニーズにSnowflakeを積極的に使用していました。

 

しかし、彼らはSnowflakeからのデータをリアルタイム(またはニアリアルタイム)で取り込んで提供するという課題に直面していました。彼らは、直接Snowflakeにデータがある個別化や市場リスクの影響、その他の高度な分析アプリケーションを向上させたかったのです。

 

彼らの目標は、これらのアプリケーションが必要とする膨大なデータに基づくリアルタイムの意思決定支援を実現することでした。

 

これらのアプリケーションをAerospikeに移動し、同時にSnowflakeを補完することで、彼らはこの課題を解決しました。

 

会社はSnowflakeのデータに基づいて構築された機械学習の機能とモデルを作成し、それらに推論を行い、それらの機能をAerospikeにデータAPIを介して一括してアクセスしました。

 

Aerospikeはトランザクションデータ、市場データ、および相互作用データ(チャット、コール、ウェブクリックなど)を含む複数のデータソースをリアルタイムで引き出すことができました。

 

要するに、Aerospikeは単なるデータのリアルタイムな取り込みだけでなく、その企業のSnowflakeエンタープライズデータプラットフォームの上に座る低レイテンシーのデータストアとして機能しました。

 

結論

組織がデータ駆動の世界で競争力を得るために努力する中で、SnowflakeをAerospike Databaseのデータキャッシングと組み合わせることは、ゲームを変える戦略として浮かび上がります。

 

低レイテンシー、高可用性、スケーラビリティ、およびシームレスな統合は、この二重の力を頼りにする強力なものとなります。

 

AerospikeをSnowflakeと併用することで、企業はデータインフラが稲妻のような速さで動作し、ユーザーにリアルタイムの洞察と体験を提供し、最終的に成功に向けての旅を加速させることができます。

 

このブログは2023年8月31日のSix reasons to cache Snowflake with the Aerospike Databaseの翻訳です。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • note
  • Qiita
PAGE TOP