AEROSPIKE

< BLOGに戻る

データベース管理を最大化する方法〜コスト効率、パフォーマンスを同時に達成するには?

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • note
  • Qiita

データが意思決定を左右する現在のデジタル時代において、ITインフラの持続可能性は極めて重要な関心事項です。

パフォーマンスを損なうことなく二酸化炭素排出量を削減することは、単なる目標ではなく、現代の組織にとって必要不可欠です。

 

本記事では、効率的なソフトウェア・プラットフォームを採用し、戦略的なハードウェアの選択を実施することで、環境面でも経済面でも大きなメリットが得られることを解説します。

ITが炭素に与える影響

IT部門は、主に化石燃料から発電された電力に依存しているため、世界の二酸化炭素排出量に大きく影響をもたらしています。

 

技術の進歩に伴い、ITセクターのエネルギー需要は増加すると予測されており、環境とビジネスの持続可能性にとってサステナブルな取り組みは不可欠です。

  • 世界のエネルギー消費: ハーバード大学の調査によると、2030年までにIT部門は世界のエネルギー需要の最大20%を占める可能性がある。
  • AIのトレーニングによる排出量:高度なAIモデルのトレーニングは大幅な炭素排出をもたらす可能性があり、効率的なコンピューティング手法の必要性が浮き彫りになっている。MITテクノロジーレビューによると、1つの人工知能(AI)モデルをトレーニングすると、626,000ポンド(平均的なアメリカ車の生涯排出量のほぼ5倍)以上の二酸化炭素が排出されるという。

 

要するに、組織が変革に焦点を移せば、スピード、手頃な価格、そして環境の持続可能性を達成することがより現実的になるのです。
 

排出量削減における効率的なソフトウェアの役割

効率的なソフトウェア・プラットフォームは、IT部門の二酸化炭素排出量を削減するために不可欠です。

 

Aerospikeのようなプラットフォームは、パフォーマンスを向上させるだけでなく、大規模なデータ運用に伴うエネルギー消費と二酸化炭素排出量を削減します。

 

  • 排出量を20%削減 ソフトウェアの効率を最適化することで、企業は環境への影響を大幅に削減できます。
  • 費用対効果の高いソリューション: 先進的なテクノロジーへの投資はコスト効率の高い戦略であり、コストを削減しながらイノベーションを促進します。

 

エアロスパイク 効率性の研究

データで動く世界において、Aerospike Databaseはパフォーマンス、可用性、スケーラビリティを妥協することなく提供します。

 

Aerospikeは、最初から効率性を念頭に置いて構築されました。

 

ソフトウェア業界では、効率性はしばしばスピードの観点から考慮されます。

しかし、それだけではありません。

効率的なソフトウェアは、本質的に少ないハードウェアリソースしか必要としないのです。

 

Apache CassandraとAerospikeのCO2排出量、コスト、全体的な効率を比較したホワイトペーパーでは、ハードウェアの選択と適切な基礎技術によって、CO2排出量と総所有コスト(TCO)の削減に大きな違いが出ることが示されています。

AWSに1PBのデータを保存するためのハードウェア要件(『ITシステムからのCO2発生を最小化する』の8ページからのデータ)。

 

Apache Cassandraと比較すると、Aerospikeはノードあたりにより多くの物理リソースを必要とするものの、AWS上で1ペタバイトのデータを保存するために必要なハードウェアの全体量は、Aerospikeの方が大幅に少ないことがわかります。

 

ハードウェアの要件が低いため、Aerospikeは年間TCOと二酸化炭素排出量の数分の一で、すぐに競合他社を圧倒します。

世界全体で毎年排出される何十億トンものCO2に対して、500トンのCO2削減はそれほど多くないように思えますが、これは123.5エーカー(50ヘクタール)の植林に相当します。

1PBワークロードの年間コストとCO2排出効率(データは『ITシステムからのCO2発生を最小化する』の14ページより)。

 

つまり、Aerospike Database

  • サーバーやクラウドインスタンスの設置面積を80%削減可能
  • 第一世代のNoSQLデータベースやリレーショナルデータベースのTCOの80%でパフォーマンスの向上を実現
  • カーボンフットプリントを競合他社の5分の1に削減

します。
 

持続可能性への革新的アプローチ

Aerospikeは、環境への影響を低減しながらパフォーマンスを向上させる戦略的な手段を採用しています。

そのためには、効率的な技術を採用するだけでなく、これらの技術の規模を拡大し、実施する方法を革新する必要があります。
 

垂直方向と水平方向のスケーリング

Aerospikeが、わずかなサーバー、コスト、二酸化炭素排出量で他のデータベースを凌駕しているのは偶然ではありません。

多くの分散データベースプロバイダーは、「安価な」コモディティサーバーを追加し、水平スケーリングに重点を置いています。

 

水平方向にも拡張できますが、より大規模で高性能なサーバーを活用する垂直方向にも拡張できます。

特に、独自のハイブリッドメモリーアーキテクチャー(HMA)は、SSDでメモリーのようなパフォーマンスを実現し、データベースのインデックスをメモリーに、データをより効率的なSSDに配置します。

 

最新のハードウェアの活用

Aerospikeは、AWSのARMベースのGravitonサーバーやHPE Alletraなど、最新で最も環境に優しいコンピュートインスタンスでも実行できます。

 

AWSのGravitonプロセッサに最適化され、価格パフォーマンスを63%向上させています。

このベンチマークは、AWS Graviton上のAerospikeが、非Graviton環境と比較して27%のTCO削減と49%の二酸化炭素排出量削減を実現することを示しています。

 

同様に、Aerospikeを搭載した新しいHPEソリューションは、コストを削減し、エネルギー消費量を減らし、二酸化炭素、サーバー、クラウドインスタンスのフットプリントを削減することができます。

Aerospikeを搭載したHPEのソリューションは、強力なAerospike DatabaseとHPE Alletra 4110データストレージサーバーの高性能を統合し、すべて専用の構成で検証されており、要求の厳しいリアルタイムのデータアクセスに適しています。

 

無限のスケール、スピード、持続可能性

産業は進化しており、効率的なソフトウェアと戦略的なハードウェアの選択の相乗効果は、持続可能なITインフラストラクチャを形成する上で極めて重要です。

 

Aerospikeのようなプラットフォームは、環境への影響を最小限に抑えながら高いパフォーマンスを実現する可能性を示し、IT運用における大幅なコスト削減とイノベーションを強調します。

このようなテクノロジーを採用することは、単に二酸化炭素排出量を削減することではなく、パフォーマンスと環境への責任が両立する、技術分野における新たなベンチマークを確立することなのです。

PAGE TOP