AEROSPIKE

< BLOGに戻る

データベースの真のコストとは〜見逃されがちな5つの重要ポイント〜

2023.12.05ビジネス

ビジネスがリアルタイムのデータとスケールの大きな意思決定に依存している場合、運用データベースの選択には重要な注意を払う必要があります。

なぜならこの選択によって、顧客へのサービス提供やイノベーションの能力に大きな役割を果たすだけでなく、長期的なデータベース・コストについても大きく異なる道を歩むことになるからです。

 

開発者がオープンソースのバージョンや無料トライアルを使っていた頃は、大きな項目とは思えなかったかもしれません。

また、CFOやCIOが最初の月次、四半期、あるいは年次の請求書を見たときには、すべての重点分野の中で大きな項目とは思えなかったかもしれないし、今になって目立ってきたのかもしれません。

いずれにせよ、データベース・ソフトウェアの項目は通常、総コストの氷山の一角に過ぎません。

 

適切なデータベースを選択したように感じるかもしれませんが、そのメリットは総所有コスト(TCO)をはるかに上回るはずであることに留意してください。

しかし、もしあなたのデータベースに多大なお金がかかっていると感じているなら、あるいはそう疑っているなら、以下の5つの分野を読んでみてください。

 

 

#その1:データベースのライセンス費用

より隠れたコストについて説明する前に、最も明白な兆候であるデータベースベンダーからの請求書を見てみましょう。

データベースを安価に使い始めるのは簡単です。

実際、あなたは「データベースXは、実用最小限の製品(MVP)や最初の数四半期は使えるだろう。製品がうまくいって顧客の需要がついてくれば、それはそれでいい問題だろう。」と言ったかもしれません。

 

でも残念ながら、多くのデータベースのアーキテクチャと価格体系は、うまくスケールしません。

インメモリデータベースの背後にあるRAMは、規模の経済の恩恵を受けません。RAMを2倍にすればデータベース料金は2倍になりますが、パフォーマンスは2倍にならないのです。

一方、スケールを考慮して設計されたデータベースでは、ワークロードの増加によるパフォーマンスの低下はほとんどありません。

 

また、”データベース・ソフトウェア “の請求額も、使い始めたときほど単純ではないことに気づくかもしれません。

実際、キーバリュー用、文書ユースケース用、キャッシュ用、ソース・オブ・トゥルース用など、さまざまなデータベースが蓄積されている可能性があります。

このようなデータベースの乱立を避けるために、エッジのキャッシュからコアのシステム・オブ・レコードまでのユースケースに対応できるマルチモデルデータベースを持つベンダーを検討してください。

 

 

#その2: データベースのコストがインフラ請求書に隠れている

「私はすべてのデータベースとデータベースベンダーを見つけ、すべての行項目を見ました。それはデータベースの全費用ではないのですか?」

残念ながら違います。

ヒントはチェックすべき箇所があと4つあります。もし私たちがソフトウェアのライセンスコストだけが重要な世界に住んでいるとしたら、オープンソースのソフトウェアだけを使うのが簡単な結論でしょう。

しかし、オープンソースが “無料 “とは程遠いことは、もうお分かりだと思います。

 

あなたはデータベースを単なるソフトウェアだと考えているかもしれないし、ソフトウェアが世界を食ってきたのかもしれません。

しかし、ハードウェアやその他のインフラストラクチャの方が、予算に大きな影響を与えることがよくあります。

自社でデータセンターを所有・管理している場合でも、ハイパースケーラ・インフラやSaaSを利用して完全にクラウドで運用している場合でも、データベースのインフラ要件と関連コストには大きなばらつきがあるのです。

同じ低レイテンシー、同じスループット、同じ定価のデータベースでも、サーバー、ストレージ、ネットワーク・インフラストラクチャの観点からは大きく異なります。

 

多くのデータベースベンダーはノードベースの価格設定を採用しているため、ソフトウェアライセンス料はハードウェアコストと歩調を合わせて増加します。

このためベンダーは、非効率なインメモリアーキテクチャに基づく低密度のサーバーを過剰に顧客に押し付けるインセンティブを実際に与えています。

さらに悪いことに、このようなインメモリアプローチは、より多くのデータコピー(高いレプリケーション係数)を必要とし、その結果、さらに多くのインフラを必要とします。

 

Aerospikeはノード単位ではなく、管理するデータ量によって価格を決定します。

Aerospikeは、他のデータベースよりも80%少ないサーバーやクラウドインスタンスで、同じパフォーマンスを提供することができます。

Aerospike Hybrid Memory Architecture (HMA)は、メモリ上のインデックスとSSD上のデータを組み合わせ、フラッシュストレージの価格でインメモリに近い速度を実現します。これにより、総コストの差は驚くほど大きくなるのです。

 

図1は、ストレージの効率と数百万ドルの節約を示しています。

 

 

#その3: 従業員の給与に潜むデータベースのコスト

さて、データベースの項目とそれに関連するすべてのインフラコストを会計の友達の助けを借りて見つけました。

これでデータベースの総所有コストが完全にわかりましたね!

と思いきや、それはまだ全然です。

 

データベースの実行コストを探しに行く次の場所は、従業員の時間です。

データベース管理者、開発者、SRE、データエンジニアなど、データベースのセットアップ、管理、アップグレード、問題の修正にはどれだけの人員が必要ですか?

 

一部のデータベースはPOCまたは最小限の実行製品の段階では手頃な価格で管理しやすいかもしれません。

しかし、ほとんどのデータベースは多くの労力、継続的なサポート、およびメンテナンスなしにはスケールしません。

 

たとえば、アプリケーションが最初のPOCまたは初期の小規模な展開の範囲を超えてスケールすると、リファクタリングが必要な場合があります。

同じアーキテクチャでデスクトップからテラバイトまでペタバイトまで拡張できるデータベースがあれば、これらのコストを回避できます。

 

Cassandraのような一部のデータベースはスケーリングできるとしても、多くのエンジニアのサポートが必要な高いサーバーカウントにつながることがあります。

PhonePeによれば、Aerospikeは「常に気にかけなくてもできる」Cassandraのすべてを提供します。

それによって、エンジニアは安心して夜眠ることができるのです。

 

これらのコストはデータセンターを自前で運用しているかクラウドで実行しているかによっても異なります。

セルフサービスまたはマネージドサービスのクラウドデータベースオファリングは、データベースのスタッフのコストを制限し、データベース管理のビジネスから抜け出すオプションを提供します。

 

ともかく、データベースを管理する成長中のスタッフがいる場合、それはデータベースがあまりにも多くのコストをかけているサインかもしれません。

 

#その4: ダウンタイム

ビジネスの実行コスト 隠れたデータベースのコストを探す次の場所は、ダウンタイムです。

正直なところ、これらは測定が難しく、TCOスプレッドシートに適合させるのが難しくなっています。これらの兆候が見つかり、数量化するのが簡単であるとは言っていませんでした。

 

ビジネスが数時間、数分、または数秒間ダウンしても大丈夫ですか?

もし答えが「いいえ」であるならば、すでにダウンタイムに価格タグを付けることができる会社かもしれません。

 

もしウェブサイトが最良の顧客オファーを提供できない(トランザクションはおろか)、リアルタイムの広告入札の数分を逃す、またはデータベースが数秒間利用できないことで詐欺行為が通過してしまうと、ビジネスは数百万ドルの損失になる可能性があります。

初期のデータベース購入において時間やお金を節約した最小限の製品アプローチを覚えていますか?

成長と、それに対応できるかどうかを考えるときの仮想的な「良い問題がある」ことを覚えていますか?

 

実際のところ、真にスケーラブルなデータベースはほんのわずかであり、それも大規模なリファクタリングなしには実現できないものがさらに少ないのが現実です。多くのデータベースはキャッシュ専用のユースケースを超えて移行できません。

 

もしダウンタイムが発生しているか、それを避けるためにデータベースを継続的に再構成しているなら、それを総合的なデータベースコストに含めることを確認してください。

それどころか、初期の決定にそれを組み込む際に、ベンダーの実際のスケーラビリティの記録を調査することが重要です。

 

#その5: 競合他社に勝てていない

我々は厳しい不確実な経済状況にあります。そのため、多くの組織が底線とコストをあらゆる面で注意深く見直しています。

とは言え、データベースがコストをかけている可能性のある第五の場所は、実際にはトップラインです。既存の顧客を支援し、製品で新しい顧客に到達する能力です。

 

これは見つけて数量化するのが難しいことがあります。競合よりも100ミリ秒遅れていることのコストは、ダウンタイムのコストよりも測定が難しいかもしれませんが、トップラインの収益を有意に減少させる可能性があります。

例えば、LexisNexis Risk Solutionsは、顧客があるミリ秒範囲、例えば300ミリ秒でサービスを停止することを把握しています。

 

数百万トランザクション/秒でサブミリ秒の応答を生成できるデータベースは、広範な新しい収益ストリームと製品を提供する可能性があります。

先進のブローカージは、リスクモデルを1日に1回ではなく、数分ごとに実行することができ、その結果、マージンレンディングの実践を広く改善し拡大させています。

 

ですので、データベースの選択から生じるすべての隠れたコストを精査してください。

あなたがこれを乗り越え、データベースのすべてのコストに悩まされるかもしれませんが、切り替えに投資するタイミングではないと判断するかもしれません。

ただし、競合他社がスケーラブルで、リアルタイムなデータベースを低コストで提供している可能性があります。

そして、彼らはあなたよりも優れたイノベーションをし、おそらくあなたの顧客に対してより良いサービスを提供するかもしれません。

 

これはあなたが最初に見るべき場所ではないかもしれませんが、実際には既存のデータベースを続ける最大のコストになるかもしれません。

 

適切なTCOで最良のデータベースを選択する

最終的に、ほとんどの購入の決定は製品が提供する利点対コストの比較に帰結します。

このブログのアドバイスは、決定のコスト側だけでなく、データベースの真のコストについて冷静な目を持つことを重視しています。

特にニーズが変わるにつれて、これが特に重要です。

そして、今日の経済状況では、より多くのバイヤーがコストを厳密に検討していますが、最終的にはあなたのビジネスは他の誰よりも顧客に価値を提供することです。

適切なデータベースは、今日も明日もそれを実現し、真の総所有コストを計算したときに手ごたえを感じさせないものです。

 

このブログは2023年6月1日5 places your true database costs are hidingの翻訳です。

 

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • note
  • Qiita
PAGE TOP