AEROSPIKE

NEWS RELEASE

2024.05.15

PRESS RELEASE

Aerospikeが独立調査会社のベクターデータベースレポートで注目ベンダーの1社として評価される

Aerospike,Inc.(以下「Aerospike」)は本日、Forrester社のレポート「The Vector Databases Landscape, Q2 2024」において注目すべきベンダーの1社に選ばれたことを発表しました。

Forrester社は、「ベクターデータベースの可能性は非常に大きく、特にこれまで利用されていなかったデータ資産からインサイトを引き出すことができます」と言及しています。マルチモデルベクターデータベースの価値について、同レポートは次のように述べています。「組織はこれらのデータベースを活用して、ベクターデータと非ベクターデータを統合し、​​LLM(大規模言語モデル)に集約かつセマンティックレイヤーとして価値を高めたデータを与え、より包括的な分析能力を育成できます。」


AerospikeのAI対応ベクトル・グラフデータベース

Aerospikeのマルチモデルアプローチには、Aerospike Vector Searchが含まれます。Aerospike Vector Searchは、非常に小規模なインフラストラクチャで一貫したデータ処理精度を大規模に提供し、コストと二酸化炭素排出量を最小限に抑えるエンタープライズ規模のベクトルソリューションです。Aerospike のコアデータベースの検索および取得の機能を継承し、コアの上に独立した拡張性の高いコンピュートレイヤーとキャッシュレイヤーを設けることで、パフォーマンス、スケール、コスト面でのメリットを拡張しています。品質面では、インデックスの鮮度と品質のバランスをとり、自己修復メカニズムを使用してバックグラウンドでインデックスを改善することにより、検索精度を向上させます。


ベクトル・データベースに加え、AerospikeのAIおよび開発用グラフ・データベースは、数十億の頂点と数兆のエッジに対して、予測可能なミリ秒単位のマルチホップ・グラフ・クエリを極めて高いスループットで提供します。Aerospikeのグラフデータベースとベクトル検索は、単独・連携どちらでも動作し、検索拡張生成(RAG)、セマンティック検索、不正検出、レコメンデーション、ハイパーパーソナライゼーションなど、さまざまなAIのユースケースをサポートします。


Aerospikeのチーフ・サイエンティストであるNaren Narendranは、次のように述べています。「企業が新しいAIやMLアプリケーションの近代化と導入に取り組む中、多様なソースからリアルタイムで流入する膨大なデータの処理に苦慮しています。Aerospikeは、最小のレイテンシー、最高のスループット、最小のインフラコストで、企業がデータ集約型のAIを大規模に実行できるようにします。」


Aerospikeは、Adobe、AppsFlyer、Barclays、Flipkart、Myntra、PayPal、Riskifiedなど、グローバル企業における最大規模のトランザクションおよび機械学習(AI/ML)アプリケーションの多くを支えています。AI/MLシステムに大量のリアルタイムデータを、他のデータベースプロバイダーよりも高速かつ低コストで供給することができます。


詳細はこちら


Aerospikeについて

Aerospikeは、無限のスケール、スピード、TCO削減のために構築されたリアルタイムデータベースです。当社の顧客は、最小のレイテンシーと最高のスループットを誇るデータプラットフォームで、次の展開に備えることができます。クラウドとAIを駆使し、Adobe、Airtel、Criteo、DBS銀行、Experian、PayPal、Snap、Sony Interactive Entertainmentなどの主要企業を支援しています。カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置き、ロンドン、バンガロール、テルアビブにオフィスを構えています。

詳細はaerospike.com/jpをご覧ください。

Aerospike公式ソーシャルメディア:X (旧Twitter)Facebookブログ


←Home
PAGE TOP